こけたら立ちなはれ(松下幸之助)

名言集〜偉人の言葉

いにしえより数多くの偉人が数多くの言葉を残してきました。

このコーナーでは、その中から私が現代を生きて行く上で役立つと思った偉人の言葉を厳選して取り上げてみたいと思います。

こけたら立ちなはれ(松下幸之助)

今回は「こけたら立ちなはれ」という松下幸之助の言葉について見てみることにしましょう。

松下幸之助について

松下幸之助(1894年11月27日〜1989年4月27日)は、日本の実業家、発明家、著述家。

パナソニック(旧社名:松下電気器具製作所、松下電器製作所、松下電器産業)を一代で築き上げた経営者である。異名は経営の神様。

自分と同じく丁稚から身を起こした思想家の石田梅岩に倣い、PHP研究所を設立して倫理教育に乗り出す一方、晩年は松下政経塾を立ち上げ政治家の育成にも意を注いだ。

1965年に古希(70歳)を迎えた後、グループの総帥になると、ある従業員に「どうやってこのように大きな成功を収めることができたのですか」と尋ねられた。それに対して松下幸之助は「私は天からの3つの恵みを受けて生まれた。家が貧しかったこと、体が弱かったこと、小学校までしか進学出来なかったこと」と答えている。

引用元:Wikipedia

「こけたら立ちなはれ」という松下幸之助の言葉ですが、

こけたら立ち上がればいいように、失敗したらまたやればいい。ただそれだけのことだよ

という意味になります。

こけたら立ちなはれ
で思うこと

人は失敗すると凹むものです。

普通の人は、失敗したら、次もまた失敗するのではと思い、失敗するのは嫌だから、チャレンジすることをもう止めようかと思ってしまいます。

でも、失敗を良いものだという前提に立ってみたらどうでしょう。

「失敗は成功の素」という言葉もありますが、失敗は成功するために必要なものとして前向きに捉えてみてはどうでしょうか。

こけたら立ちなはれ

失敗はするもの、失敗は成功するために必要なもの、失敗を続けることは成功が近づくこと、と考えると、失敗しても大したことはなくて、また立ち上がって前に進めばいいだけと思えるようになるはずです。

 
偉人たちの言葉は、私たちが生きる上で多くの気づきを与えてくれます。偉人たちの言葉を参考にしながら、人生を豊かなものにしていきたいものですね。

関連記事

名言集〜偉人の言葉

為せば成る 為さねば成らぬ 成る業を 成らぬと捨つる 人のはかなき(武田信玄)

名言集〜偉人の言葉

リーダーとは「希望を配る人」のことだ(ナポレオン)

名言集〜偉人の言葉

人間を変えるものは環境ではなく、人間自身の内なる力なのです(ヘレンケラー)

名言集〜偉人の言葉

一日一字を記さば一年にして三百六十字を得、一夜一時を怠らば、百歳の間三万六千時を...

名言集〜偉人の言葉

あなたが転んだことには関心はない。そこから立ち上がることに関心があるのだ(リンカ...

名言集〜偉人の言葉

人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し(徳川家康)