上杉謙信の名言集

名言集〜偉人の言葉

上杉謙信について

上杉謙信(1530年2月18日〜1578年4月19日)は、戦国時代に活躍した大名の一人で、宿敵ともいえる武田信玄との川中島の戦いで有名です。

仁義を重んじ、私利私欲を嫌う性格で、道理を通すために戦うことが多かったと言われています。

上杉謙信の名言集

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、偉人たちの優れた言葉を「名言」として残してきました。

今回は、上杉謙信の名言の中から、時を超えて現代においても、人生に様々な示唆を与えてくれる「名言」を独断と偏見で選んでみました。

    上杉謙信の名言

  • 依怙によって弓矢は取らぬ、 ただ筋目をもって何方へも合力す
    私利私欲で合戦はしない。ただ、道理をもって誰にでも力を貸す
  • 大将たる者は仁義礼智信の五を規とし、 慈愛をもって衆人を哀れむ
    大将たる者は、仁・義・礼・智・信の五つを規範とし、慈愛の心をもって民を大切にするものだ
  • 我は兵を以て戦ひを決せん。塩を以て敵を屈せしむる事をせじ
    我は軍兵をもって戦いを決する。塩をもって敵を困窮させる事などはしない
  • 人の落ち目を見て攻め取るは、本意ならぬことなり
    人の落ち目に乗じて攻め取るのは、わが本意ではない
  • 何時も敵を掌中に入れて合戦すべし、 疵つくことなし
    常に敵の情報を把握して合戦に臨めば、負けて傷付くことはない
  • 心に驕りなき時は人を教う
    心におごりがなければ、人を敬うものだ
  • 心に堪忍ある時は事を調う
    心に忍耐があれば、物事が円満に進むものだ

 
上杉謙信の生涯を見ていると、戦略家というよりも戦術家の側面が強いように感じますが、戦いにおいては「情報」を重視していました。

生き馬の目を抜く戦国時代において、義理や清廉潔白を貫くことで失ったものも多かったと思いますが、義理立てして得るものの少ない戦いを繰り返したにもかかわらず、国力を疲弊させなかったのは、上杉謙信の名言にある通り「情報」を活用して負けない戦いを実践していたからだといえるでしょう。

 
偉人たちの名言は、私たちが生きる上で多くの気づきを与えてくれます。偉人たちの名言を参考にしながら、人生を豊かなものにしていきたいものですね。

関連記事

名言集〜偉人の言葉

松下幸之助の名言集

名言集〜偉人の言葉

徳川家康の名言集

名言集〜偉人の言葉

本田宗一郎の名言集

名言集〜偉人の言葉

北条氏綱の名言集

名言集〜偉人の言葉

豊臣秀吉の名言集

名言集〜偉人の言葉

吉田松陰の名言集