孫子の名言集

名言集〜偉人の言葉

孫子について

孫子は、中国 春秋時代の名将であった孫武(紀元前535年頃〜没年不詳)のことで、兵法書「孫子」の筆者とされています。

戦術家としてだけでなく、戦略家としても優れており、戦わずして勝つ、常に負けない戦いをするという戦略思想を持っており、近代の軍略や経営戦略にも大きな影響を与えています。

↓↓↓↓↓
孫子の兵法を簡単解説!

孫子の名言集

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、偉人たちの優れた言葉を「名言」として残してきました。

今回は、孫子の名言の中から、時を超えて現代においても、人生に様々な示唆を与えてくれる「名言」を独断と偏見で選んでみました。

    孫子(孫武)の名言

  • 彼を知り己を知れば百戦危うからず
    敵の実情を知り、己の実情を知っていれば、百回戦っても敗れることがない
  • 先ずその愛する所を奪わば、即ち聴かん
    まず敵が大切にしているものを奪取すれば、敵はこちらの思いどおりにできる
  • 囲師には必ず闕く
    包囲した敵軍には逃げ道を開けておき、窮地に追い込まれた敵軍を攻撃し続けてはならない
  • 逸を以て労を待つ
    自らはゆっくりと力を貯えて、相手が疲労した時を待って戦う
  • 実を避けて虚を撃つ
    敵が備えをする「実」の部分を避けて、備えが手薄な「虚」の部分を攻撃すべきである
  • 善く戦う者は、人を致して人に致されず
    戦巧者は、自分が主導権を取り、相手のペースで動かされない
  • 戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ
    戦いとは、正攻法を用いて敵と対峙し、奇策を巡らせて勝つものである
  • 善く戦う者は、勝ち易きに勝つ者なり
    戦上手と呼ばれた人は、勝ちやすい状況を作り出し、勝つべくして勝った人である
  • 卒を視ること嬰児のごとし
    兵卒に対して赤ん坊のように思い接する
  • 兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる
    戦いは、長引かせてうまくいったためしがない
  • 百戦百勝は善の善なるものに非ず
    百回戦って百回勝つのが最善ではない。戦わずして勝つのが最善である

 
孫子の名言を見ていると、二千年以上前にこれだけのことを考えていたことに驚かされます。

孫子の名言は、単なる兵法書としてだけでなく、ビジネスなど現代でも十分役立つ普遍的な内容を多く含んでいますので、自分の座右の銘になる言葉を探してみると良いでしょう。

↓↓↓↓↓
孫子の名言 10選

 
偉人たちの名言は、私たちが生きる上で多くの気づきを与えてくれます。偉人たちの名言を参考にしながら、人生を豊かなものにしていきたいものですね。

関連記事

名言集〜偉人の言葉

ガンジーの名言集

名言集〜偉人の言葉

エジソンの名言集

名言集〜偉人の言葉

ヘレンケラーの名言集

名言集〜偉人の言葉

ナポレオンの名言集

名言集〜偉人の言葉

マザーテレサの名言集

名言集〜偉人の言葉

リンカーンの名言集