彼を知り己を知れば百戦殆うからず(孫子)

名言集〜偉人の言葉

いにしえより数多くの偉人が数多くの言葉を残してきました。

このコーナーでは、その中から私が現代を生きて行く上で役立つと思った偉人の言葉を厳選して取り上げてみたいと思います。

彼を知り己を知れば百戦殆うからず(孫子)

今回は「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」という孫子の言葉について見てみることにしましょう。

孫子について

孫子(紀元前535年頃〜没年不詳)は、中国古代・春秋時代の武将・軍事思想家。兵法書『孫子』の作者とされており、兵家の代表的人物。斉国出身。本名は孫武、字は長卿。孫臏の先祖。「孫子」は尊称である。

「戦わずして勝つ」という戦略思想、戦闘の防勢主義と短期決戦主義、またスパイの重要視など、軍事研究において戦略や戦術、情報戦など幅広い領域で業績を顕し、ベイジル・リデル=ハート、毛沢東など、現代の軍事研究者、軍事指導者にも重要な思想的影響を与えた。その軍事思想は航空技術や核兵器など、古代に想定できなかった軍事技術の発展した数千年後の現代においても有効性を失わず、今なお研究対象とされている。

孫武の出自は斉国の大夫で後に田斉王家となる、田氏である。孫武は若年から兵書に親しみ、黄帝と四帝の戦いや古代の伊尹、姜尚、管仲らの用兵策略を研究したという。紀元前517年頃、一族内で内紛があり、孫武は一家を連れ、江南の呉国へと逃れ、呉の宰相・伍子胥の知遇を得る。孫武はその後、呉の王都・姑蘇郊外の山間に蟄居して『孫子』十三篇を著作した。

引用元:Wikipedia

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」という孫子の言葉ですが、

敵の実情を知り、己の実情を知っていれば、百回戦っても敗れることがない

という意味になります。

孫子の名言 10選

彼を知り己を知れば百戦殆うからず
で思うこと

ビジネスにおいても、人生においても、勝負事で負けないことは大切です。

それまで勝ち続けたとしても、一度、致命的な負けを喫してしまえば、全てが終わってしまいます。その意味では、「常に勝つ」のではなく「常に負けない」ことが重要で、「常に負けない」ための準備が必要です。

彼を知り己を知れば百戦危うからず

という孫子の言葉の通り、戦う相手と味方の状態を冷静に把握・分析し、勝てると思えば戦い、負けると思えば戦いを避けることが「百戦危うからず」にしてくれるでしょう。

 
偉人たちの言葉は、私たちが生きる上で多くの気づきを与えてくれます。偉人たちの言葉を参考にしながら、人生を豊かなものにしていきたいものですね。

関連記事

名言集〜偉人の言葉

勝利は最も忍耐強い人にもたらされる(ナポレオン)

名言集〜偉人の言葉

こけたら立ちなはれ(松下幸之助)

名言集〜偉人の言葉

あなたが転んだことには関心はない。そこから立ち上がることに関心があるのだ(リンカ...

名言集〜偉人の言葉

笑ってあげなさい。笑いたくなくても笑うのよ。笑顔が人間に必要なの(マザーテレサ)

名言集〜偉人の言葉

人は己れに克つをもって成り、自ら愛するをもって敗るるぞ(西郷隆盛)

名言集〜偉人の言葉

己を責めて人を責むるな(徳川家康)