行いは己のもの。批判は他人のもの。知ったことではない(勝海舟)

名言集〜偉人の言葉

いにしえより数多くの偉人が数多くの言葉を残してきました。

このコーナーでは、その中から私が現代を生きて行く上で役立つと思った偉人の言葉を厳選して取り上げてみたいと思います。

行いは己のもの。批判は他人のもの。知ったことではない(勝海舟)

今回は「行いは己のもの。批判は他人のもの。知ったことではない」という勝海舟の言葉について見てみることにしましょう。

勝海舟について

勝海舟(1823年3月12日〜1899年1月19日)は、江戸時代末期(幕末)から明治時代初期の武士(幕臣)、政治家。位階勲等爵位は正二位勲一等伯爵。山岡鉄舟、高橋泥舟と共に「幕末の三舟」と呼ばれる。

10代の頃から島田虎之助に入門し剣術・禅を学び直心影流剣術の免許皆伝となる。16歳で家督を継ぎ、弘化2年(1845年)から永井青崖に蘭学を学んで赤坂田町に私塾「氷解塾」を開く。安政の改革で才能を見出され、長崎海軍伝習所に入所。万延元年(1860年)には咸臨丸で渡米し、帰国後に軍艦奉行並となり神戸海軍操練所を開設。戊辰戦争時には幕府軍の軍事総裁となり、徹底抗戦を主張する小栗忠順に対し、早期停戦と江戸城無血開城を主張し実現。明治維新後は参議、海軍卿、枢密顧問官を歴任し、伯爵に叙せられた。

引用元:Wikipedia

「行いは己のもの。批判は他人のもの。知ったことではない」という勝海舟の言葉ですが、

自分がやったことについての批判は所詮他人がするもの。他人の批判など構う必要はない

という意味になります。

行いは己のもの。批判は他人のもの。知ったことではない
で思うこと

全ての人から良い評価を得られるものなどありません。

行いは己のもの。批判は他人のもの。知ったことではない

必ず何らかの批判は出るもの。他人の声を気にしていては、何もできません。いわゆる“評論家”的な外部の声など無視して、時には自分を信じてみることも必要ではないでしょうか。

誰の人生でもありません。自分の人生です。自分の信じる道を進んでみましょう。

 
偉人たちの言葉は、私たちが生きる上で多くの気づきを与えてくれます。偉人たちの言葉を参考にしながら、人生を豊かなものにしていきたいものですね。

関連記事

名言集〜偉人の言葉

才能がハシゴをつくるのではない。やはり熱意である(松下幸之助)

名言集〜偉人の言葉

人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し(徳川家康)

名言集〜偉人の言葉

実を避けて虚を撃つ(孫子)

名言集〜偉人の言葉

己を責めて人を責むるな(徳川家康)

名言集〜偉人の言葉

勝利は最も忍耐強い人にもたらされる(ナポレオン)

名言集〜偉人の言葉

百戦百勝は善の善なるものに非ず(孫子)