西郷隆盛の名言集

名言集〜偉人の言葉

西郷隆盛について

西郷隆盛(1828年1月23日〜1877年9月24日)は、薩摩藩の下級武士から身を起こし、幕末から明治初期に活躍した軍人・政治家として有名な人物です。

西郷隆盛の名言集

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、偉人たちの優れた言葉を「名言」として残してきました。

今回は、西郷隆盛の名言の中から、時を超えて現代においても、人生に様々な示唆を与えてくれる「名言」を独断と偏見で選んでみました。

何度も失脚するなど苦労を重ね、明治維新の立役者となった西郷隆盛だけに、重みのある名言を数多く残しています。

では、西郷隆盛の名言を見てみましょう。
 

    西郷隆盛の名言

  • 児孫のために美田を買わず
    人の財産に頼らないよう子孫には多くの財産を残してはいけない
  • 己を尽くして人を咎めず。我が誠の足らざるを常にたずぬるべし。我を愛する心を以って人を愛せ。自己を許すが如く人を許せ。人を責めるが如く自己を責めよ
    人を責めてはならない。何事も自分の責任だと思うべきである。そして、自分に甘くなってはならない
  • 総じて人は己れに克つをもって成り、自ら愛するをもって敗るるぞ
    自分に打ち勝つことの出来る人は成功し、自分に甘い人は失敗する
  • 功のあった人には禄を与えて、能力のある人には位を与えよ
    手柄を立てた人には給料で報い、能力がある人間には地位を与えるべきである
  • 事に当たり、思慮の乏しきを憂うることなかれ
    物事に当たる時、思慮が足りなくても心配することはない。行動するのが大切である
  • 事大小となく、正道を踏み至誠を推し、一事の詐謀を用うべからず
    物事の大小を問わず、誠実に事にあたり、どんな時でも策を弄してはならない
  • 小人は己を利せんと欲し、君子は民を利せんと欲す。己を利する者は私、民を利する者は公なり。公なる者は栄え、私なる者は亡ぶ
    つまらない人は自分の利益のことを考え、大人物は民の利益を考える。民の利益を考える者は栄えるが、私利私欲を考える者は滅びる
  • 急速は事を破り、寧耐は事を成す
    物事を急ぐと失敗するが、 落ち着き耐えて待てば、成就する
  • およそ思慮は平生、黙座静思の際においてすべし
    熟慮する時は、黙って座り静かに考えるべきである

 
西郷隆盛の名言は、いずれも素晴らしいと思いますが、

熟慮して決断し、失敗しても人のせいにはせず、自分に厳しく、策を弄せず、私利私欲の為に動かない

そんな西郷隆盛だからこそ、現代においても慕われているのだと思います。
 
 
偉人たちの名言は、私たちが生きる上で多くの気づきを与えてくれます。偉人たちの名言を参考にしながら、人生を豊かなものにしていきたいものですね。

関連記事

名言集〜偉人の言葉

徳川家康の名言集

名言集〜偉人の言葉

上杉謙信の名言集

名言集〜偉人の言葉

豊臣秀吉の名言集

名言集〜偉人の言葉

山本五十六の名言集

名言集〜偉人の言葉

本田宗一郎の名言集

名言集〜偉人の言葉

吉田松陰の名言集