人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し(徳川家康)

名言集〜偉人の言葉

いにしえより数多くの偉人が数多くの言葉を残してきました。

このコーナーでは、その中から私が現代を生きて行く上で役立つと思った偉人の言葉を厳選して取り上げてみたいと思います。

人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し。いそぐべからず(徳川家康)

今回は「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し。いそぐべからず」という徳川家康の言葉について見てみることにしましょう。

徳川家康の人物像

徳川家康(1543年1月31日〜1616年6月1日)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。江戸幕府の初代征夷大将軍。三英傑の一人。「海道一の弓取り」の異名を持つ。

徳川家康は実学を好み、『論語』『中庸』『史記』『貞観政要』『延喜式』『吾妻鑑』などの書物を関ヶ原以前より木版で、大御所になってからは銅活字版で印刷・刊行していた。また『源氏物語』の教授を受けたり、三浦按針から幾何学や数学を学ぶなど、その興味は幅広かった。

古典籍の蒐集に努め、駿府城に「駿河文庫」を作り、約一万点の蔵書があったという。これらは御三家に譲られ、「駿河御譲本」と呼ばれ伝わっている。

徳川家康は、中国の人物として劉邦、唐の太宗、魏徴、張良、韓信、太公望、文王、武王、周公を尊敬している。着目すべきはすべて周・漢・唐時代の人物で前王朝の暴君を倒して長期政権を樹立した王(皇帝)とその功臣の名が挙げられている。日本の人物では源頼朝を尊敬していた。

引用元:Wikipedia

「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し。いそぐべからず」は徳川家康が亡くなる際に残した遺訓の中に出てくる言葉で、

人生は長く苦しいことが多いので、辛抱強く努力を重ねて進むべきである

という意味になります。

人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し。いそぐべからず
で思うこと

「一発逆転」という言葉がありますが、人生において「一発逆転」を期待すべきではありません。

人生とは地道に一歩一歩進んでいくもの。決して焦らず急がず、着実に日々の努力・精進を積み重ねていってこそ人生には価値が出るのではないかと思います。

一生を終える時に「良い人生だった」と思えるようにしていきたいものです。

 
偉人の言葉は、私たちが生きる上で多くの気づきを与えてくれます。偉人たちの言葉を参考にしながら、人生を豊かなものにしていきたいものですね。

関連記事

名言集〜偉人の言葉

大器をつくるには、急ぐべからずこと(吉田松陰)

名言集〜偉人の言葉

事を遂げる者は愚直でなければならぬ。才走ってはうまくいかない(勝海舟)

名言集〜偉人の言葉

実を避けて虚を撃つ(孫子)

名言集〜偉人の言葉

暗いと不平を言うよりも、あなたが進んで明かりをつけなさい(マザーテレサ)

名言集〜偉人の言葉

心に堪忍ある時は事を調う(上杉謙信)

名言集〜偉人の言葉

それは失敗じゃなくて、その方法ではうまくいかないことがわかったんだから成功なんだ...