事に当たり、思慮の乏しきを憂うることなかれ(西郷隆盛)

名言集〜偉人の言葉

いにしえより数多くの偉人が数多くの言葉を残してきました。

このコーナーでは、その中から私が現代を生きて行く上で役立つと思った偉人の言葉を厳選して取り上げてみたいと思います。

事に当たり、思慮の乏しきを憂うることなかれ(西郷隆盛)

今回は「事に当たり、思慮の乏しきを憂うることなかれ」という西郷隆盛の言葉について見てみることにしましょう。

西郷隆盛について

西郷隆盛(1828年1月23日〜1877年9月24日)は、幕末、明治維新の元勲。政治家で軍人。通称吉之助。南洲と号した。薩摩藩下級士族の出身。

藩主島津斉彬(なりあきら)の知遇を受け藩政に参画。島津久光の公武合体論に抗して尊王攘夷運動に奔走。1867年12月9日の王政復古に重要な役割を演じ、新政府参与、戊辰戦争では大総督参謀となった。

明治新政府では、1871年に参議筆頭となり、廃藩置県に尽力したが、征韓論を唱えて政府にいれられず辞職。帰郷して私学校を経営し、士族授産に尽力した。しかし中央政府との疎隔がはなはだしくなり、部下に擁立されて 1877年に西南戦争を起し、ついに敗れて城山で戦死した。

死後、陸軍大将の位階などが復元された。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

「事に当たり、思慮の乏しきを憂うることなかれ」という西郷隆盛の言葉ですが、

物事に取り組もうとする時、思慮が足りなくても心配することはない。行動するのが大切である

という意味になります。

事に当たり、思慮の乏しきを憂うることなかれ
で思うこと

人は誰しも失敗するのが嫌なものです。

できるだけ失敗しないように考えるのですが、自分の知識や経験が足りないことに気づき呆然としてしまうことがあります。

そんな時は「悩むよりも、まずやってみる」ことが大事ではないでしょうか。

やらずして考えて悩んでいても何も変わりません。一歩踏み出してやってみると、問題点や改善点が明確に見えてくることが往々にしてあります。具体的な内容が見えてくれば、自分がやるべきこともわかりますし、そのための努力も継続できるものです。

事に当たり、思慮の乏しきを憂うることなかれ

まず一歩踏み出すことの大切さを感じる言葉だと思います。

 
偉人たちの言葉は、私たちが生きる上で多くの気づきを与えてくれます。偉人たちの言葉を参考にしながら、人生を豊かなものにしていきたいものですね。

関連記事

名言集〜偉人の言葉

才能がハシゴをつくるのではない。やはり熱意である(松下幸之助)

名言集〜偉人の言葉

あなたが転んだことには関心はない。そこから立ち上がることに関心があるのだ(リンカ...

名言集〜偉人の言葉

目的を見つけよ。手段は後からついてくる(ガンジー)

名言集〜偉人の言葉

百戦百勝は善の善なるものに非ず(孫子)

名言集〜偉人の言葉

一生懸命な人にしかチャンスは微笑まない(松下幸之助)

名言集〜偉人の言葉

人間を変えるものは環境ではなく、人間自身の内なる力なのです(ヘレンケラー)