悲しみと苦しみは、やがて、思いやりの花を咲かせる(ヘレンケラー)

名言集〜偉人の言葉

いにしえより数多くの偉人が数多くの言葉を残してきました。

このコーナーでは、その中から私が現代を生きて行く上で役立つと思った偉人の言葉を厳選して取り上げてみたいと思います。

悲しみと苦しみは、やがて、思いやりの花を咲かせる(ヘレンケラー)

今回は「悲しみと苦しみは、やがて、思いやりの花を咲かせる」というヘレンケラーの言葉について見てみることにしましょう。

ヘレンケラーについて

ヘレンケラー(1880年6月27日〜1968年6月1日)は、アメリカ合衆国の教育家、社会福祉活動家、著作家である。視覚と聴覚の重複障害者(盲ろう者)でありながらも世界各地を歴訪し、障害者の教育・福祉の発展に尽くした。

1歳半の時に(現在ではしょう紅熱と考えられている)高熱に伴う髄膜炎に罹患する。医師と家族の懸命な治療により、かろうじて一命は取り留めたものの、聴力、視力、言葉を失い、話すことさえできなくなった。

ヘレンは福祉活動のみならず、広範囲な政治的関心を持って活動した女性であった。当時としては先進的な思想を持ち、男女同権論者として婦人参政権、避妊具の使用を主張した。また、人種差別反対論者であり、過酷な若年労働や死刑制度、そして第一次世界大戦の殺戮にも反対した。

引用元:Wikipedia

「悲しみと苦しみは、やがて、思いやりの花を咲かせる」というヘレンケラーの言葉ですが、

悲しみや苦しみの経験が、他人を思いやる源になる

という意味になります。

悲しみと苦しみは、やがて、思いやりの花を咲かせる
で思うこと

私は名言ウォッチャーとして、人生において苦労した人ほど優れた名言を多く残すと思っています。

悲しみと苦しみは、やがて、思いやりの花を咲かせる

というヘレンケラーの言葉の通り、苦労を重ねて、その辛さを知ってる人ほど、他人に対して優しく思いやりの気持ちを持って接することができるのだと思います。

「悲しみ」や「苦しみ」と聞くと、できれば避けたいと思うのが人情ですが、苦労や悲しみの経験は人を成長させるもので決して無駄にはならないと思えば、前向きに受け入れることができるかもしれません。

皆さんも「思いやりの花」を咲かしてみませんか?

 
偉人たちの言葉は、私たちが生きる上で多くの気づきを与えてくれます。偉人たちの言葉を参考にしながら、人生を豊かなものにしていきたいものですね。

関連記事

名言集〜偉人の言葉

最上の思考は孤独のうちになされ、最低の思考は混乱のうちになされる(エジソン)

名言集〜偉人の言葉

こけたら立ちなはれ(松下幸之助)

名言集〜偉人の言葉

善く戦う者は、勝ち易きに勝つ者なり(孫子)

名言集〜偉人の言葉

事に当たり、思慮の乏しきを憂うることなかれ(西郷隆盛)

名言集〜偉人の言葉

一日一字を記さば一年にして三百六十字を得、一夜一時を怠らば、百歳の間三万六千時を...

名言集〜偉人の言葉

天才とは1%のひらめきと99%の努力である(エジソン)