松下幸之助の名言集

名言集〜偉人の言葉

松下幸之助について

松下幸之助(1894年11月27日〜1989年4月27日)は、パナソニックグループを一代で築き上げた日本を代表する実業家の一人です。

経営者としてだけでなく、晩年は松下政経塾を立ち上げ政治家の育成を行ったことでも知られており、その死後も各界に大きな影響を与えています。

松下幸之助の名言集

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、偉人たちの優れた言葉を「名言」として残してきました。

今回は、松下幸之助の名言の中から、時を超えて現代においても、人生に様々な示唆を与えてくれる「名言」を独断と偏見で選んでみました。

    松下幸之助の名言

  • こけたら立ちなはれ
    失敗したら、またやればいい。ただそれだけのことだよ
  • 一生懸命な人にしかチャンスは微笑まない
    目標に対して真剣に取り組む人だけに、チャンスが生まれる
  • 熱心の上に熱心であることが見極める眼を開く
    熱心に物事に取り組むことで、物の本質が見えるようになる
  • 人は何度やりそこなっても「もういっぺん」の勇気を失わなければ必ずものになる
    何度失敗しても、もう一度やろうという気持ちを無くさなければ必ず成功できる
  • 人には燃えることが重要だ。燃えるためには薪が必要である。薪は悩みである。悩みが人を成長させる
    人には真剣になるようなことが必要だが、真剣にい続ける為には悩みが大切であり、その悩みが人を成長させてくれる
  • 才能がハシゴをつくるのではない。やはり熱意である
    高みに上る“梯子”は、才能によるのではなく、熱意によって作られるものである
  • 指導者は才能なきことを憂うる必要はないが、 熱意なきことをおそれなくてはならない
    指導者は知識や才能が劣っていることを悩む必要はないが、目指すことへの熱意を欠いてはならない
  • 見えないものを見えるようにするのが経営だ
    実体を見えるようにするのが経営であり、見えるようになれば何が起こるかわかるようになる
  • 失敗した所で止めるから失敗になる。成功するところまで続ければ成功になる
    成功する為に最も必要なのは、諦めず成功するまで続けることである

 
丁稚から自らの才覚で一大家電メーカーを作り上げた松下幸之助ですが、松下幸之助の名言を見ていると、

夢に対して熱い気持ちを持ち、何度失敗しても諦めず立ち上がり、努力を重ねて目標を目指す

という人物像が見えてきます。物事を成し遂げる時に、能力や才能よりも熱意や努力の方が数段重要であるということを、松下幸之助の人生が物語ってくれています。

 
偉人たちの名言は、私たちが生きる上で多くの気づきを与えてくれます。偉人たちの名言を参考にしながら、人生を豊かなものにしていきたいものですね。

関連記事

名言集〜偉人の言葉

本田宗一郎の名言集

名言集〜偉人の言葉

山本五十六の名言集

名言集〜偉人の言葉

北条氏綱の名言集

名言集〜偉人の言葉

西郷隆盛の名言集

名言集〜偉人の言葉

上杉謙信の名言集

名言集〜偉人の言葉

武田信玄の名言集