愚人は過去を、賢人は現在を、狂人は未来を語る(ナポレオン)

名言集〜偉人の言葉

いにしえより数多くの偉人が数多くの言葉を残してきました。

このコーナーでは、その中から私が現代を生きて行く上で役立つと思った偉人の言葉を厳選して取り上げてみたいと思います。

愚人は過去を、賢人は現在を、狂人は未来を語る(ナポレオン)

今回は「愚人は過去を、賢人は現在を、狂人は未来を語る」というナポレオン・ボナパルトの言葉について見てみることにしましょう。

ナポレオン・ボナパルトについて

ナポレオン・ボナパルト(1769年8月15日〜1821年5月5日)は、革命期のフランスの軍人・政治家である。ナポレオン1世(フランス語: Napoléon Ier、在位:1804年 – 1814年、1815年)としてフランス帝国の皇帝にも即位した。

ナポレオンが用いて広めた法・政治・軍事といった制度はその後のヨーロッパにおいて共通のものとなった。かつて古代ローマの法・政治・軍事が各国に伝播していったこと以上の影響を世界に与えたと見ることもできる。

ナポレオンが生み出した、国民軍の創設、砲兵・騎兵・歩兵の連携(三兵戦術)、輜重の重視、指揮官の養成などは、その後の近代戦争・近代的軍隊の基礎となり、プロイセンにおいてカール・フォン・クラウゼヴィッツによって『戦争論』に理論化されることになる。

引用元:Wikipedia

「愚人は過去を、賢人は現在を、狂人は未来を語る」というナポレオンの言葉ですが、

愚人は昔の栄光を語り、賢人は現在に栄光を作り出し、狂人は未来の栄光を妄想する

という意味になります。

愚人は過去を、賢人は現在を、狂人は未来を語る
で思うこと

人と話していると、過去の自慢話ばかりする人がいます。また、努力もせず、根拠もないのに、できもしないような絵空事ばかりを語る人もいます。

過去に生きたり、未来を妄想しても、状況は何も変わりません。人にとって必要なものは、今現在、何を考えて何をするか、だと思います。

愚人は過去を、賢人は現在を、狂人は未来を語る

自分は、今何をしているのか、この言葉を見て考えることも大切でしょう。今のやっていることの積み重ねだけが将来を変えるということを忘れてはいけません。

 
偉人たちの言葉は、私たちが生きる上で多くの気づきを与えてくれます。偉人たちの言葉を参考にしながら、人生を豊かなものにしていきたいものですね。

関連記事

名言集〜偉人の言葉

もし木を切り倒すのに6時間与えられたら、私は最初の4時間を斧を研ぐのに費やすだろ...

名言集〜偉人の言葉

大器をつくるには、急ぐべからずこと(吉田松陰)

名言集〜偉人の言葉

リーダーとは「希望を配る人」のことだ(ナポレオン)

名言集〜偉人の言葉

人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し(徳川家康)

名言集〜偉人の言葉

最上の思考は孤独のうちになされ、最低の思考は混乱のうちになされる(エジソン)

名言集〜偉人の言葉

勝利は最も忍耐強い人にもたらされる(ナポレオン)